〒940-2121
新潟県長岡市
喜多町2929番地
TEL:0258-94-5383
FAX:0258-94-5384
営業時間:10:00~19:00

ジムニーブログ ジム漬け

新潟林道物語 名もなき林道編

こんにちは!ジムニー専門ブログ ジム漬けの時間でございます。

更新が遅くなりました。もっと頻度を上げられるよう頑張ります!

今回はタイトルにあるように林道ではありますが、名前のわからない支道になると思います。

前回の続きから。三島林道3号線を走破し、続く4号線へ向かっているところ。

次回詳細を載せますが4号線の入り口の写真です。

さて今回はこの4号線を目指すときに立ち寄った支道を走った話です。三島林道は整備されていてよい林道なのですが、ジムニー乗りとして思うのは物足りなさ。

『整備されすぎている。もっとジムニーでなければと思う道を走りたい。』

なのでちょっと道を逸れた林道を1本走ってみます。

入口から。適当に入ってみたのに看板があった。

『史跡 良寛塩之入旧道』 

普通の道なのかな?まあ進んでみますか!

どれどれ、あまり整備はされてない感じですよ。結構勾配がキツい!まわりの草木が生い茂っていて常にボディをひっかいてます。

どんどん進みましょう。最近のスマホは写真が綺麗に明るく撮れますが、実際は結構薄暗いんです!

この道も結構水の流れた跡で凹凸がすごいです。頑張れば普通の車でもこれそうですが、4WDは必須かもしれません。

三島林道と違い、遊歩道ではないため勾配がキツいのと道幅が狭いため場所によっては対向車をかわせません。

途中にあった勾配かなりキツめのヘアピンカーブ。そして蜘蛛の巣がすごい。にしても写真が綺麗に撮れるので実際の深い森感がでてませんね(;´・ω・)

たまにでてくる整備されていそうな道。

しばらく走っていると・・・

突然現れた行き止まり。唐突に道が切れてます。多分土砂崩れがそのままになっていて草や木が生い茂ってしまってます。向こう側にも道は続いていそうです。

というわけで今回はここまで!

次回 新潟林道物語 三島林道編最終話      三島林道4号線 をお楽しみに!

ではまた!

新潟林道物語 三島林道三号線

こんにちは!店長のジムニーブログ ジム漬けの時間でございます。今回も林道旅編です。

以前より三島林道を紹介していましたが、今回はその三号線のレポートです。時間もあったので三島林道一号線終点側より林道へはいり一号線から二号線を経て三号線を目指します。

絶好の林道旅日和でございます。前回のセーブポイント(三島林道2号線終点)に到着!ここから3号線を目指します。

2号線終点のT路地を右折すると番外編で紹介した林道になります。なので左折します。しばらく進むとありました!三号線始点の案内。

三島林道一~四号線紹介シリーズも今回で三号線。折り返しに来ましたねー!気分を上げて走っていたら・・・

行き止まり!? 

というのは冗談。少し支道に逸れて走ったところ行き止まりでした。残念。このブログでは紹介している路線以外も走り回っていますのでこんなこともあるある。戻って少し進むと分岐が。

もしかして終わり?と思いつつ、進べきは右か左か・・・ここまで読んでいただいて勘の鋭い方ならもう答えはでますよね?(;´・ω・)

そう・SO・ どっちも行ってみる です。なので左側から行ってみまーす。

お!期待させる感じの林道感です。

15分ほど走ると・・・下界にでました。こちらの大きな建物は?

建物が綺麗です。林道が会社の裏に続いているとか裏山(羨ま)

ここでロードしてセーブポイントまで戻りましょうか

NOW LOADING・・・

戻りましたねーでは右の道を行きましょう!

先ほどの道と同じような林道。しばらく走ると広い場所もあったので止まって撮影&休憩&蜘蛛の巣とり。実は林道を走っていると蜘蛛の巣がものすごくつきます!窓をあけていると蜘蛛の巣が入ってきて大変なんです。自作で蜘蛛の巣ガード的なものを作りたいと思います。

林道は時にはものすごく狭いのでジムニーがぴったり!シエラでも大丈夫ですが、ハイラックスとかはムリかなー?(ジムニーより傷だらけになってもいいなら走れます!)

やたら整備された道になりました。もしや・・・

三島林道三号線走破しました!出口となったのは与板にある274号線の塩之入トンネル近くです。

この看板が目印。

今回はこれで終了です!どうでしょう?皆さん少し物足りない林道ではなかったですか?(私はそう感じました)

ご期待にお答えして!(勝手に)

次回 名もなき林道編をご紹介します!お楽しみに!

ではまた!

 

アピオ ワイルドボア21本!

こんにちは!お久しゅうございます。ジム漬けの時間でございます。

最近林道旅が滞っておりました。再開しましたのでお楽しみに!

今回はジムニー専門店の老舗 アピオより販売しているホイール、ワイルドボアSRが大量入荷したときの模様です。

ある日、アピオと書いたホイールの箱が山のように入荷。すべてお買い上げ頂いているものばかりでしたので早速用意してあったタイヤと組み込み作業開始。

いろいろなジムニー用タイヤがトコロ狭しとならぶ光景は見ていて楽しいです。全部で5台分21本あります!

実物で大きさ比較をしていたところ。ホイールが全部一緒なのが面白くて。JB64.JB74はクラシカルな雰囲気があり、オールドスタイルがとっても良く似合います。この初代LJ型ジムニー純正スチールホイールのデザインをオマージュしたワイルドボアSRはオシャレですね。装着写真はギャラリーをご覧ください!

最後にアピオデモカーとワイルドボアSRです。

ではまた!

新潟県 三島林道を行く(2号線)

前回の更新からずいぶん間が空いてしまいました。久しぶりのジムニーブログ ジム漬けの時間でございます。新潟県にある三島林道1号線を走破したのが前回。今回は三島林道2号線に行ってきたのでご覧ください。時は4月23日。天気予報では午前中は曇り。午後からは崩れて雨の予報でした・・・だったのですが林道へ向かう途中から突然晴れてくれました。

三島林道2号線は1号線の始点から少し峠を上ったところにあります。

↑1号線始点。ここから国道を上っていくと2号線です。しばらく進むと左手に脇道があります。ここを左折します。

ここを左折。2号線とうちゃーく。

おほっー!テンション上がる!けど癒される!矛盾?

2号線も整備が行き届いて走りやすい。マウンテンバイクなんか楽しそうな感じです。どんどん行きましょう。

鬱蒼と生い茂る樹木の間を走っていると不思議と孤独感はなく、いつまでもこんな道を走りたいと感じます。 愛車のJB23も絶好調。

鉄塔だぁー。そういえば本当にそこに立てたの?ってくらい山奥に鉄塔ってありますよね。日々電気が使える暮らしを支える鉄塔に感謝しつつ横を通ります。(これが電気を運んでいる鉄塔かは知らんけど)

整備された林道をゴトゴト走ること30分。見えてきた。

終点にとうちゃーく。2号線走破!        と言いつつ2号線はもう少し続くんだけど、大きめの分岐があるのでそちらへ行ってみたいと思います。画像向かって右側の道に行ってみます!

2号線と違いさらに狭く、草木が生い茂りまくり。熊が出てきそうな雰囲気のなか進みます。多分鉄塔などのメンテナンス用の林道だと思うのですが、舗装路にでるまで行ってみます。

時折飛び出た枝がキィィィとボディをこすります。ジムニーだから気にしないんです。むしろ勲章?

帰れるか心配になってきた。三島林道の2号線より長い・・・と思っていたら・・・

突然舗装路に出た!結局動物たちとの遭遇はな ということで三島林道旅 2号線編と番外編のご報告は以上!ありがとうございました!また3号線をアップします!

最後に出口付近の情報を。舗装路を進むとここに出てきました。本与板城跡 登り口?遊歩道もあったみたい。この看板が目印。

お疲れさまでした。(クルマキタネェ)

 

 

 

新潟林道物語 三島林道1号線

こんにちは、ジム漬けの時間でございます。先日三島林道1号線を走破しましたのでそのレポートを作ってみました。今回は三島林道の場所や入口なども紹介したいと思います。ネットで三島林道を走られた先人のブログはいくつもありますが、主に林道の写真がメインだったり、走行軌跡をマップに重ねたものなど、実際に向かうための情報が少ないように感じました。

なのでジム漬けでは、まずは皆さんに林道に向かってもらいたいという思いでレポートしてみます。早速始めましょう。

今林道を目指す方のほとんどはネット検索で林道名を打ち込んでみると思います。

三島林道を打ち込んで検索をかけてみるといくつか三島林道についてのブログがあります。中には地図や入口の写真を添付してくれてあるものもありますが、これから訪れよう!と思っている方にとっては、やや分かりにくい部分もありました。

今回走ったのは北陸地方でも最長と呼ばれる三島林道。その1~4号まである路線の1号線のみですので、1号線に絞ってご紹介します。

まずは場所を確認。

大きなマップでみるとこの位置です。(赤の線が三島林道です。道の曲がり具合は適当なので気になさらず!位置が分かればよいのです!)

次はもっと詳細なマップで。

少しアップになりました。今度は黄色の〇の部分(69号線道路側の〇)を拡大してみます。さらに写真も!

赤〇の写真。二股になっていて、林道のある右側をむいて撮影しています。与板の河川緑地たちばな公園からここまで車で10分ほどの距離でした。

次に黄色〇部分の写真。赤〇から進んでいくと自然とこの道まで来ることができます。

コーナーの途中にあります。写真にある右側の側道へ入ればもう三島林道1号線です。

進むと看板と杭が見えてきます。ここからは未舗装路が延々と続きます!楽しみ!!

ちなみに杭には三島林道1号線 始点と書かれています。それでは終点まで行ってみます!

林道の風景その① 昼ですが少し薄暗い感じがGOOD!

林道途中の風景その② 林道風景はこれくらいにしておきます。残りの風景は実際に行ってみてのお楽しみで!

少しひらけた場所にて休憩。にしても1号線だけでも走りごたえ十分な距離があります!

未舗装路終わり&三島林道1号線の終点。結局4WDにしないまま走破できました。ぶっちゃけ普通のノアとか、タントでもいけちゃうくらい整備された林道なので、ジムニーでないといけいないと言うわけではないですね。(ノアやタントでもいけるけど汚れるのでお勧めはしないです。)でもローダウン車は絶対無理!!!!後半の勾配が結構キツイのと、ところどころわだちが深めでした。

次は上から2枚目のマップにある黄緑色の〇の部分について写真付きでご案内。

こちらがアップにした地図。

オレンジ〇 が 三島林道1号線 終点 の部分。

青色の〇 が 下の写真の二股路部分。352号線のトンネルの上を通る道路です。

黄色の〇 が 国道352号線から林道へ繋がる道への入り口。

三島林道1号線 終点より1キロほど舗装路を走ってくると、少し広めの道路に突き当たります。写真の左側の道から出てきたところを振り返って撮影しました。(青色の〇のところ。)

矢印付きの看板で、左に三島林道 右に西山連峰と出ています。

この道に出て下るようにして進めば国道352まで一本道で出られます。(黄色〇の方向へ進むことになります。)

上るようにしていけば看板通り西山連峰の峠道となります。

最後の写真。国道352号線から林道方向へそれる道の合流ポイントをぱしゃり(黄色の〇の部分)としてみたものの思ったより分かりにくい写真になってしまったようで、申し訳なし。もし352号線から三島林道1号線へ向かう場合はこの上に登っていく側道が目印です。

いかがでしたでしょうか?専属のカメラマンや高価な機材も使用せず、1人で林道旅をしているため写真の撮り方や画質についてはご容赦ください。

次回は三島林道2号線 または途中になっている金倉山林道へ行ってみたいと思います。またレポートしますのでお楽しみに!

ではまた!