〒933-0837
富山県高岡市上北島214-1
TEL:0766-27-7360
FAX:0766-27-7361
営業時間:10:00~19:30
定休日:毎週水曜日
※季節により臨時営業している場合も有ります。

熱い時期はタイヤ点検を!

 

こんにちは!カルバン高岡店です!

 

先日、yahoo!ニュースに気になる記事が掲載されていました。

ここ最近、当店でもタイヤトラブルの方が多くいらっしゃいますので、一部抜粋して掲載させていただきました。

 

下部のリンクから本ページにアクセスできます。

気になる方は、そちらから全文をご覧ください。

 

-----------------------------

バースト多発!? 2014年製タイヤにご注意を

 近年、バースト(破裂)を含むタイヤのパンクに関するトラブルが増えています。JAFがタイヤのパンクで出動した件数を見ても、直近の約10年間での出動件数は年々増えていて、2017年には40万件近くにまで増加している状況です。

 そして、2019年に入って増えているのが2014年製のタイヤによる高速道路でのバースト事故です。なぜ、2014年製のタイヤがよく破裂するのでしょうか。

「タイヤの寿命から考えても、2019年は2014年製タイヤのバーストが多くなるでしょう。とくに、近年は猛暑と大雨、大雪など異常気象が続いており、タイヤにとっても過酷な環境です。2019年のGWに多発したのは、2018年夏の記録的猛暑も影響していると思われます。

 また、普段あまりクルマに乗る機会が少なかったりメンテナンスをしない方が、春になってGWに遠出をすると、タイヤに蓄積されたダメージが形になって表れることがあります。その結果、タイヤがバーストするケースが増えているといえるでしょう。」

 バースト増加の原因や対策方法について、タイヤメーカーにも聞いてみました。ブリヂストンの広報担当者は次のように説明します。

「一般的に乗用車のタイヤは3年から5年、平均4年程度で交換されることが多いようです。タイヤ業界では、使用開始から5年経過したタイヤは販売店での点検を推奨していますので、例えば2020年に2015年製のタイヤを引き続き使用される場合には、一度点検されることをおすすめします。

 タイヤ寿命は保管状況によって大きく変わるところもあります。使っていない時期にどういう環境で保管をしてきたのかが重要となるほか、月1回のタイヤの空気圧チェックも大切です。

 そして、空気圧のチェックは必ず、タイヤが冷えているときにおこなうようにしてください。長時間・長距離を走行した後ではなく、出かける前がベストといえます。なぜなら、出かける前が空気圧がもっとも低い状態だからです」

 ※ ※ ※

 まもなく本格的な夏がやってきます。お盆時期などに長距離ドライブを予定されている方はとくに、タイヤの溝はもちろん、亀裂や空気圧もしっかり見ておきましょう。

 2000年以降、セルフ式のガソリンスタンドが増えて空気圧チェックの頻度が減っている方も多いと思いますが、セルフ式スタンドでも空気圧チェックは可能です(夜間は非対応の場合もあります)。

 タイヤチェックを怠ることが、命にかかわる事故につながることもあります。4年から5年ほどタイヤを換えていないという方は、とくに入念なチェックをお勧めします。

※くるまのニュースより

夏はタイヤバーストに注意? 2014年製タイヤの破裂が増加している理由とは

-----------------------------

 

タイヤトラブルによるJAFの出動件数は年々増加の傾向です。

県内ではくるまを使う頻度がかなり多い方ばかりだと思いますが、くるまを使っている分点検も多く行っている方は少ないと思います。

溝があるように見えても、スリップサインまで残りわずかだったり、溝の中や側面にヒビが広がっているかもしれません。

一度、愛車のタイヤを点検してみてはいかかでしょうか?