〒940-2121
新潟県長岡市
喜多町2929番地
TEL:0258-94-5383
FAX:0258-94-5384
営業時間:10:00~19:00

新潟林道物語 名もなき林道編

こんにちは!ジムニー専門ブログ ジム漬けの時間でございます。

更新が遅くなりました。もっと頻度を上げられるよう頑張ります!

今回はタイトルにあるように林道ではありますが、名前のわからない支道になると思います。

前回の続きから。三島林道3号線を走破し、続く4号線へ向かっているところ。

次回詳細を載せますが4号線の入り口の写真です。

さて今回はこの4号線を目指すときに立ち寄った支道を走った話です。三島林道は整備されていてよい林道なのですが、ジムニー乗りとして思うのは物足りなさ。

『整備されすぎている。もっとジムニーでなければと思う道を走りたい。』

なのでちょっと道を逸れた林道を1本走ってみます。

入口から。適当に入ってみたのに看板があった。

『史跡 良寛塩之入旧道』 

普通の道なのかな?まあ進んでみますか!

どれどれ、あまり整備はされてない感じですよ。結構勾配がキツい!まわりの草木が生い茂っていて常にボディをひっかいてます。

どんどん進みましょう。最近のスマホは写真が綺麗に明るく撮れますが、実際は結構薄暗いんです!

この道も結構水の流れた跡で凹凸がすごいです。頑張れば普通の車でもこれそうですが、4WDは必須かもしれません。

三島林道と違い、遊歩道ではないため勾配がキツいのと道幅が狭いため場所によっては対向車をかわせません。

途中にあった勾配かなりキツめのヘアピンカーブ。そして蜘蛛の巣がすごい。にしても写真が綺麗に撮れるので実際の深い森感がでてませんね(;´・ω・)

たまにでてくる整備されていそうな道。

しばらく走っていると・・・

突然現れた行き止まり。唐突に道が切れてます。多分土砂崩れがそのままになっていて草や木が生い茂ってしまってます。向こう側にも道は続いていそうです。

というわけで今回はここまで!

次回 新潟林道物語 三島林道編最終話      三島林道4号線 をお楽しみに!

ではまた!